FC2ブログ

戦闘SLGプレイ日記

最近はSRPGstudio製のフリーゲームが主。キャラクターの絵も描いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#ロンドリア物語 外伝 SRPGstudio プレイレポート (クリア済) 

ひーりんまる氏のツイッターにて、ロンドリア物語外伝がアップロードされていたので、落としてプレイしてみました。
なお、ロンドリア物語2が近日公開予定のようです。前作もコメディでありながら、ゲームバランスはしっかりしているので面白そうですね。

このロンドリア物語外伝は、前作以上に軽いノリで、平和の世になりエルンシス王女ティーナのはからいにより、リア一行とロリティア騎士団が南の島のバカンスへ行くのですが、船旅の最中、超大型海賊船の砲撃に遭い、原住民が住む島へ流れつき、島内にて魚や鳥を倒して食べながらサバイバルをしつつ、前作の仲間たちと遭遇し、現地の協力を得つつ海賊を倒すというシナリオです。
1ロンドリア物語外伝
1章ごとに短いショートシナリオであり、全10章の内容ですが、新システム導入もあり、各キャラにスキル実装、錬金により武器を精製、フリーマップなどの試験的なやり込み要素も備わっており、結構遊びごたえのある内容です。
序盤は簡単にサクサク進むのですが、仲間たちが揃う6章あたりで、前作同様の難易度になっていき、後半に至るには、敵増援のタイミングがより巧妙になっており、難易度ノーマルのみに関わらず、意外と難しくなっています。軽いノリではありますが、ラスト手前の8章、9章あたりから敵も策を用いて増援を出す描写があり、急激に難易度が上がるのも、前作同様の演出があります。
そして10章のラストMAPは簡単というのも前作同様です。
フリーゲームならではの体感なのでしょうか、製作者のひーりんまる氏のクリエイタースキルが上がった感が伝わる内容です。


ロンドリア外伝の中で、唯一の新キャラ、モンス。島に住む原住民の少年で、今作唯一の飛行キャラなのです。その戦闘力は前作のエース格オリバーに匹敵するかそれ以上の戦力であり、非常に頼りになるキャラです。
2ロンドリア物語外伝
ひーりんまる氏の談によると、昔作ったオリキャラのようであり、思い入れがあるキャラだそうです。
自分で作ったキャラがゲーム化されるというのは、まさに絵を描くクリエイターが為せる醍醐味ですね。いい時代になったものです。


外伝クリア記念に、短いながらも攻略を共にしたスタメンたちの記録を残しておきます。
今作は、能力値上限がヴェスタリアサーガ並に低いので、後半急に難易度が上昇したのは、それも関係するかもしれません。前作でもそうでしたが、自軍の育てたキャラの能力値と敵の能力値が互角の場合が多く、そういう状態は後半も中だるみすることなく程よい難易度になっています。しかもロンドリア物語の特徴として、敵増援のタイミングが波状攻撃を想定したものが多く、あり程度すすむとしばらく出続けるを繰り返すので、増援が止むまで迂闊に中衛を陣取る敵を攻撃するわけにもいかなく、仲間たちは防戦を強いられます。今回も守備が高いオリバー、フラムはエース格でとても頼り甲斐があり、新キャラのモンスもそれに並ぶ働きをしていました。シーフのナンナは弓とすり抜けのスキルも使用可能になり、非常に便利なキャラとなっています。リアが空飛べなくなり弱体化した代わりに、スピカが杖を使用できるなど、強化されたキャラもいます。
それではスタメン、というか全キャラ紹介です。


モンス ビーストテイマー LV19 評価S
3ロンドリア物語外伝
序盤でスポット参戦し、中盤で正式加入する唯一の新キャラにして唯一の飛行ユニット。
速さに特化しつつ、全体的に能力値が平均的に成長し、すぐにカンストします。今回は敵弓兵が少ないので、戦い序盤から前線に出すことが出来、前作で猛威を振るった壁役オリバーよりも頼り甲斐がある戦力です。
立ち絵も用意されておらず、一見モブにも見えなくも無いですが、人は見かけによらない優秀さを誇るキャラです。
RPGですが、円卓の騎士のバーサルナイト鈴木を思い出させる強さでした。


リア ウィッチ LV17 評価B
4ロンドリア物語外伝
島に漂着の際、空飛ぶほうきを無くしたため、空を飛べなくなり、普通のマージとなってしまった主人公リア。前作でも魔力の成長率は手堅かったため、今作では中の下の性能となってしまいました。やはりリアの性能は空飛ぶほうきの存在が大きかったようです。
魔法も錬金をやり込めばミラクルテインが出来るのかも知れませんが、そこまでやり込まなくてもクリア出来る、というかレシピを知らないので、魔法もそれ程強くもありません。速さと魔防が高いので、弱いわけでもないですが、いささか地味子ですね。


ロンド ロード LV14 評価C
5ロンドリア物語外伝
前作のお荷物系ロードことロンド王子。しかし今回は速さも上がるので、前作のように再攻撃を受けたりするほど弱くありません。
一応前線にも立てるのですが、やはり他のキャラのほうが強いです。しかも今作は強制出撃では無いので、ロンドを外すことも出来ます。一応錬金を重ねれば、終盤現れるアーマーに効果的なエストックが使えるので、武器の性能でカバーすれば使えないことはありません。


ヴェイク ソードマン LV14 評価A
6ロンドリア物語外伝
最序盤に騎馬のオリバーやフラムがいないため、持ち前の高い速さも相まって再攻撃がしやすく、高ダメージが期待できるキャラ。
森や沼地と騎兵が活かされない足場が多く、前作よりも前線に立ちやすくなっており強くなっているのですが、やはり騎馬キャラのフラム、オリバーが出ると、次第に影を潜めます。正直強いキャラなのですが、オリバーとフラムという騎馬キャラが優秀過ぎるのです。


オリバー ナイト LV20 評価S
7ロンドリア物語外伝
前作で鉄壁のエースを誇ったオリバーですが、今作は6章と仲間の中で最後の方の加入ですが、それでも参戦すぐにエースになれる逸材です。しかも今作ではスキルというより必殺技がつき、シナリオの登場の仕方も捕らえられたスピカを助けるというナイスガイぶりを発揮。性格も寡黙でかっこつけ方を意識しつつも自然体の範囲内であり、スピカとナンナ両方に惚れられるイケメン度も上昇。前作でも働きぶりを労うかのごとく磨きのかかった優遇扱いです。ゲーム攻略中でも前作同様壁となり、最後半では弓兵も増え、オリバーを越える優秀さであったモンスをやっぱり凌ぐオリバー。味方キャラで唯一LV20にカンストするほどの働きぶりを今回もやってくれました。さっすがオリバーだね!


ナンナ シーフ LV17 評価A
8ロンドリア物語外伝
間接可能なダガーが使い放題になり、更に弓まで使え、スキルすり抜けを習得し、前作よりも大幅に性能強化されたナンナ。もはやシーフという名の別キャラ性能です。持ち前の速さは健在であり、ダガーの使いやすさも相まって、支援相手のオリバーのアシストをより行いやすくなっており、足を全く引っ張らない便利キャラとなりました。ナンナはオリバー以上に優遇された高性能キャラなのではないでしょうか。ここまで強化されれば強いです。


メディ クレリック LV9 評価B
9ロンドリア物語外伝
前作に続いてロンドのお気に入りのロリシスター。今作では攻撃魔法も使えるようになりましたが、前作同様非常に非力な成長率ですので、やはり回復が専門なキャラです。
非常にか弱いため、射程2が多い終盤では、安易に前線に出すことは出来ません。回復の際はHPが減ったキャラを後退させ、後方で回復させる必要があります。メディちゃんは弱いけど、回復で存在を保っているキャラです。


フラム ナイト LV19 評価S
10ロンドリア物語外伝
前作に続いて万能騎手である実質ロリティア騎士団のまとめ役。オリバーよりも早くに加入する騎馬キャラであり、初登場の3章ではフラムが主人公のようなシナリオが展開されます。仲間が弓兵のレインと斧野郎のボルクスですので、その騎馬の有能さが際立ちます。更に治療キットというヒーラー無しでも自分にも回復出来る便利アイテムを持ち運んでくる有能ぶり。他のキャラでも使うことが出来ますが、移動力の高い回復役として、万能過ぎる働きを見せつけてくれます。相棒のケビンがいなくても有能さを発揮し、モンス、オリバーに並ぶエース格です。


レイン アーチャー LV13 評価B
11ロンドリア物語外伝
射程の長いロングボウや、射程7と長すぎるロングアーチを用いてからが始まりのキャラ。弓の性能に恵まれ、使えば強いのですが、弓という性質上とどめよりも初手で削る役目が多いため、思いのほかLVが低くなりました。
今作では対象はスライムやモンスターまでも総受けの卑猥特化のショタキャラに。それでいて女の子にも並々ならぬ興味があるロンドリア一のエロキャラになりました。ロンドみたいに行動に出るわけではなく、あくまで妄想力が凄いだけなので、基本か弱く大人しい男の子です。


ポルトン アーマーナイト LV7 評価D
12ロンドリア物語外伝
守備は高いのですが、速さ、魔防、移動力が低く、11枠しかない出撃枠で直ぐに2軍落ちしてしまいました。
守備が高くても魔法の2回攻撃を受けてしまっては意味がありません。
島でのサバイバルにも関わらず、食料を平らげてしまい、ロンドの反感を買う大食漢。出てくるたびに食べているシーンで登場します。


ボルクス ファイター LV4 評価D
13ロンドリア物語外伝
見た目がビラクとレックスと阿部高和ですが、成長率が悪いわけではありません。前作でも意外と成長します。
序盤にてフラムの仲間として参戦した当初はまだ強いのですが、斧はモンスとオリバーでも使えるので、斧だけ取られて2軍落ちです。使えば弱くはないのでしょうが、対抗馬が強すぎます。
見た目は阿部さんで行動もアッー!なのですが、食材の知識やアイテムの管理、錬金術の心得など意外と博識であり、後半につれて賢者モードとなっていき、セリフも普通になってきます。


スピカ マージ LV14 評価B
14ロンドリア物語外伝
ひーりんまる氏のロンドリア物語公式HPの人気投票にて、1位のキャラ。しかし今作では強い魔導書が手に入りにくく、戦力としてはあまり強くないです。しかし、今回はマージでも回復の杖が使えるので、メディと共にヒーラーとして活躍出来ます。
前作でも魔力の成長率が高くも無く、今回でも魔力が低いです。
6章にてオリバーに救出されたためか、オリバーに好意を持つようになり、リアを仲介して食事を一緒にするという約束までこぎつけました。オリバー関連はキャラの性能まで強化され、オリバーを好きになったスピカもその恩恵を受けています。



ティーナ プリンセス LV12 評価C
15ロンドリア物語外伝
ラストMAPからの加入であり、使う機会が非常に少ないのですが、育てたキャラに匹敵する高い初期値を誇る即戦力です。
ラストMAPは前作同様簡単なこともあり、活躍の場が無いので、ほぼゲスト扱いです。
わがままでしぶとく挑発的で、ヴェイクやロンド、真面目なフラムからも嫌われており、王女として不人気なようです。
リアやスピカとは比較的普通に友好的なようであり、今回の船旅もリアに対する労いであり、海賊を侮辱して騒動になったのもティーナが原因です。ちなみにロンドが先でしたが。


以上、外伝で仲間になるキャラ全員の記録です。
外伝も短いながらも軽快なコメディでした。新しいシステムも続編のロンドリア物語2に活かされているとなると、相当やりごたえのある作品になっていると思います。
気になる方はロンドリア物語2で検索してみては。

フリーゲーム系ブログ





Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。