FC2ブログ

戦闘SLGプレイ日記

最近はSRPGstudio製のフリーゲームが主。キャラクターの絵も描いてます。

#エリーニュエス SRPGstudio製フリーゲーム 激戦スパルタ軍との防衛戦 航海プレイ日誌 3P 

終盤に差し掛かり、エリーニュエス最大の難関である、スパルタ軍との戦いです。物資を節約し、育てたキャラがここで発揮されます。普通にクリアするだけなら、10ターン経過すればクリアで済むので、防壁で戦線を維持すればいいのですが、ここでスパルタ軍を出来るだけ多く撃破を試みます。
49エリーニュエス
一般兵の能力値は、攻撃力守備力共に29と非常に高く、敵将クラス並に強いです。武器も突撃用物資に投槍、医療物資と隙が無く、なまじの攻撃では回復されてしまうので、HP49以下になったら、そのターンで一気に撃破しなければ数を減らせません。

そして31部隊にも及ぶ大軍。シナリオでは20000人と号されています。ボス並に強いスパルタ軍が30部隊に対し、自軍は7部隊。質でも物量でも圧倒しています。狭い要害に急造した防壁を活かし、この圧倒的に強いスパルタの大軍を抑えます。
50エリーニュエス
この戦いには、海戦で散々カモにされたクネモスと、最強の敵ブラーシダースも参戦しています。


今まで貯めていた資金で、医療物資を各部隊に与え、スパルタ軍の猛攻に対し、長期戦を挑みます。
55エリーニュエス
ここで弓兵が投槍で狙われやすいので、毎ターン医療物資を使い切るくらい反撃で弓を射かけます。前線の重装兵も亀甲陣形用物資を装備しないと耐えられないくらいですので。


まずは初手で、6章でヘスキュアから貰った偽報を使い、スパルタ兵2部隊を同士討ちさせました。偽報は50%の確率で成功するので、乱数が決まっているこのゲームでは開始冒頭で使いやすい手です。
56エリーニュエス
57エリーニュエス
スパルタ兵の突撃用物資の威力は絶大であり、同士討ちで大被害を与えあっています。これで次のターンで2部隊のスパルタ兵を撃破出来ます。


防壁中央に亀甲盾と投槍可能なグリュロスを配置し、上下には、亀甲盾で固いエウリュメドーンとラーマコスを前衛に置いています。左右の弱った敵を、中央のグリュロスの投槍でいつでも攻撃出来ます。デモステネスは、回復も可能な防壁で敵に隣接しない位置から投槍で、敵の耐久値を削り続けます。
58エリーニュエス
前衛の重装兵の背後には弓兵を置き、重装兵が突撃用物資で大ダメージを受けないよう、弓兵は投槍で狙われるよう囮になりつつ、一斉射撃用物資で反撃で耐久値を削りつつ、医療物資で回復します。
このとき、グリュロスの前にいる中央の敵は、自軍で集中攻撃を浴びせられない位置にいるので、倒すことが出来ないので、中央後方の弓兵には、守備力が上がる射撃用物資で、グリュロスに被害が出ないよう、敵が撤退しない程度に反撃し、囮に専念します。


敵将は、優先して動くルーチンに設定されているので、前線に躍り出て、集中攻撃を仕掛けやすいです。弓兵に釣られ、攻撃力が低い投槍を装備している間に、エウリュメドーンやラーマコスによる高威力の突撃用物資で大ダメージを与え、尚且つ自軍の損傷を抑えます。その後は即座に隣にいる部隊と物資を交換し、亀甲盾に装備し直させ、敵の投槍に耐えさせます。この方法で、ラーマコスは1度も医療物資による回復をせず、毎ターン突撃用物資で敵に大ダメージを与え続けました。
59エリーニュエス
そして1ターンに1部隊撃破という慎重な戦いの末、7ターン目には最強の敵将ブラーシダースの撃破に成功しました。


60エリーニュエス
ここまでで7部隊の撃破に成功しています。屈強なスパルタ軍はただでさえ固いのに回復するので、回復の間を与える前に撃破してもここまでが限界です。しかも突撃用物資を使わせると大ダメージを受けてしまうので、威力の低い投槍を使わせるには、前衛は亀甲盾、後方に弓兵が囮と、武器交換も目まぐるしく、一時のミスも許されない真田丸状態です(^‐^)


続いて海戦で、メタルスライム並にエウリュメドーンに経験値を与えた元艦隊司令クネモスが、その雪辱を晴らすかの如く、エウリュメドーンの後方にいる弓兵に投槍を仕掛けました。そこをエウリュメドーンで空かさず突撃用物資でクネモスに大ダメージを与え、自軍の被害を9という最小に抑えています。またしてもクネモスはエウリュメドーンに煮え湯を飲まされました。
61エリーニュエス
この戦いで、エウリュメドーンの前にいる敵は撃破しやすく、都度エウリュメドーンの前に立ち、時には耐久値に余裕があるエウリュメドーンは、突撃用物資でスパルタ兵を相手に出来るので、弓兵は反撃を受けることなく、一方的に攻撃も可能でした。
クネモス以降、この1パターンが続きます。


敵将が優先的に動くルーチンを利用し、エウリュメドーンの背後にいる弓兵は後退させ、その間医療物資による回復をさせます。そして、狙う対象がいなくなったクネモスは、ラーマコスの背後にいる弓兵に投槍を仕掛けます。その時のエウリュメドーンは突撃用物資に持ち替え、敵を突撃用物資で待ち構えます。
62エリーニュエス
勇将ラーマコスの前に立ち、弓兵の反撃で耐久値が削れたクネモスは、背後からデモステネスの投槍を受け、即座にラーマコスの突撃用物資による攻撃で撃破。クネモスは海戦に続き、陸戦でも恥の上乗せ状態です。この死のローテーションは、残る1人の敵将相手にも行われます。


実質ラスボスとなるスパルタの敵将デルキュリダスも、エウリュメドーンの待ち伏せの罠にかかり、突撃用物資を装備したエウリュメドーンの反撃を受け、大被害を受けます。そして反撃出来ない状態で、中央から投槍を放つグリュロスの攻撃を受け、HP50手前まで削ることに成功。
63エリーニュエス
ラーマコスの前にいたクネモスは先ほど撃破しているので、次はこのデルキュリダスがラーマコスに撃破されます。


ブラーシダース、クネモスに続き、デルキュリダスもまた、ラーマコスの背後にいた弓兵に対し投槍を放ち、死の三段撃ちの位置に躍り出ました。先ほどと全く同じパターンで、デモステスの投槍で削り、勇将ラーマコスの槍で撃破。
64エリーニュエス
腕に自信がある元将軍の勇将ラーマコスは、スパルタの屈強な兵にアテナイ軍も劣らないことを見せると豪語するだけあって、あのスパルタ軍の敵将3人全て撃破という偉業を成し遂げました。10ターンまで残り1ターン。ここまで倒せば十分な戦果でしょう。


10ターンのターン終了時にクリアとなるので、もはや守る必要も無く、防壁から撃って出て総攻撃を開始します。
最後に、カリオンブロトスとの会話イベントで、火攻め用物資を入手。射程3まで届きますが、スパルタ兵に対し大した威力は発揮しないので、使う機会がまず無いので、後回しにしていました。
65エリーニュエス
三国志の赤壁や夷陵の戦い並に、戦略級の大火計が可能な火薬であれば大歓迎でしたが、紀元前の古代ギリシャでその技術は難しいでしょう。


総攻撃と言っても、敵2部隊撃破がやっとでした。中央のグリュロスを守るために、手加減して削り続けていたスパルタ兵を最後に集中攻撃を浴びせ撃破し、終了です。
66エリーニュエス


この防衛戦で撃破したスパルタ軍の部隊は11。今まで鍛えた自軍の総力をかけても、11部隊のうち敵将3人を撃破するのがやっとでした。
67エリーニュエス
友軍のメッセニア兵も、たった2部隊のスパルタ兵の猛攻により、北の防壁が突破されており、限界だったようです。


余りにも強い陸戦最強のスパルタ兵。
68エリーニュエス
そのスパルタ兵に対し、判定勝ちのみならず、11部隊のうち敵将3人撃破は十二分の戦果でしょう。


デモステネス率いるアテナイ軍も、大戦果を挙げたものの、その物資は底を尽きる寸前であり、耐久や医療物資、弓の消耗が激しく、いかに激戦であったか物語っています。
54エリーニュエス
ハードでは経験値が殆ど手に入らず、LVが上がりにくいゲームですが、それでも強くなったことが実感出来、皆よく戦ってくれました。


友軍のメッセニア兵も守備に傾倒した能力値と医療物資の数ですが、スパルタ兵2部隊に圧倒されながらも、なんとか10ターン耐え凌ぎました。
69エリーニュエス
メッセニア人の戦闘記録も、ここに残しておきます。


次は実質ラストMAP、スパルタ軍を各個撃破し、この戦いを判定勝利で終わらせます。各個撃破とは言え、防壁無しであの屈強なスパルタ軍と戦うので、最後もかなり危険な戦いです。




Comment

Add your comment