FC2ブログ

戦闘SLGプレイ日記

最近はSRPGstudio製のフリーゲームが主。キャラクターの絵も描いてます。

ロンドリア物語2 SRPGstudio プレイレポート スタメンキャラ評価 

最後にクリアまで共にしたスタメンのキャラを紹介します。人によっては使うキャラも異なり、その見方も使い方も千差万別だと思います。

スタメンキャラ評価

リア ウィッチ→ミラクルテイン LV20 評価А
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_41_32
飛行魔という珍しいタイプの主人公。今作でも飛行魔として山から魔法を撃てる等、地形を選ばない戦闘で便利でした。しかも今作では、前作のように棄権することがなく、1章から終章まで通して使うことが出来るので、後半まで上級職になれないこと以外は頼もしい戦力でした。序盤は魔力が上がりにくかったのですが、上級職になってから魔力が急上昇。カンストまで無事上がることが出来ました。能力値自体は典型的な魔導師タイプですので、HPはとても低く、守備力も前作より低下しているので、前衛に立たせず、射程外からの奇襲や後衛からの援護がメインでした。今回のプレイでは唯一の飛行型のスタメンですので、とても頼りにしていました。

ヴェイクからは完全に好意を抱かれているのですが、本人にその気があるのかは定かではありません。年頃の女の子らしく、他の女の子の胸の大きさと比べ、コンプレックスを抱く一面も見せています。前作ではまさに主人公としてシナリオでもメインでしたが、今作ではフォロー役な立ち位置でした。


ロンド ロード→マスターロード LV20 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_41_50
今作の王子は伊達じゃありません。元々平均的な成長率ですが、今作ではネックだった初期値の低さにより、敵から追撃を受けることも無く、また平均的な成長率から守備も上がりやすく、魔法にも耐えられる強固な壁役として、まさに歴戦の勇士となっていました。今作でもふざける一方で、魔族に操られていたとはいえ、ブルガリタ王と喧嘩になるという失態で初登場。ロリっ子を寵愛し、側近のフラムに阻止されるといったパターンも健在です。後半で耐久無限のロリティオンが破壊されるのですが、気難しい性格最悪の貴族出身の凄腕の鍛冶職人の手により、耐久性は脆くなったものの、性能が格段に向上したロリティオンを入手。ラスボスのとても高いHPを容易く切り裂くほどの強さを発揮していました。
鉄壁無双キャラとして名高いオリバーも、魔法攻撃には弱いのですが、ロンド王子は魔法にも耐えられるので、終盤は強敵相手に単独行動がとれるほど強いキャラとなっていました。お荷物系ロードと散々馬鹿にされたロンド王子はもういません。

最後のエンディングでもふざけることなく、2度の戦乱を通して、みんなが笑顔で暮らせるいい国をつくる志を得たロンド王子。意外と名君になる日も近いかもしれません。


ヴェイク マーシナリー→ブレイバー LV20 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_43_29
リアをいつも気に掛けるいい相棒。平時の世では、慈善事業で街の人に感謝され、さし入れで食いつないでいるようですが、リアからはニートとからかわれ、親友のオリバーからは一緒に仕事探しをされるなど心配されている始末。ヴェイクの方は逆に好意を持つリアの体重を気にしたり、モテ過ぎるオリバーの恋愛事情を気にしたりと、世話焼きの性分がしっかり板についています。

キャラ性能については、前作、外伝よりも紙装甲であり、攻撃に特化した性能。魔導士並みに守備力が低いので、高い火力を活かした先手必勝といった戦闘スタイルです。回避は結構出来るので、無双は出来ませんが、1対1の勝負なら避けてくれることが多いです。長所と短所が分かりやすいキャラ性能なので、オリバーやフラムの討ち漏らした敵を確殺する掃討戦に向いているキャラです。1章からいるので、使い続けていれば中盤あたりでクラスチェンジしてくれます。


ナンナ シーフ→アンクノワール LV20 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_46_57
殆どヴェイクと同じような攻撃特化の性能。元々シーフという戦闘に向かない兵種ですので、力が低い分、終盤出撃枠が圧迫してくると、宝箱があるMAP以外ではベンチにいることもありました。ダガーは前作よりも数が多く、今回ではナンナ専用となっており、射程2からダガーで攻撃することがほとんどでした。

前作からオリバーに好意を抱き続けており、外伝から恋のライバルとなったスピカの存在も出てきたのですが、一応自分の口からオリバーに好きな気持ちを伝えるものの、当のオリバー本人はとてつもなく恋愛事情に鈍感であり、友達として好きだと真面目に返され一進一退の膠着状態です。スピカもロマンチストで可愛いだけに油断は出来ません。


オリバー アクスナイト→ダークナイト LV20 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_43_45
やっぱりオリバー今回も無双キャラです。このキャラは前作、外伝でも全編通してとても強く、平均的な能力値の成長具合で穴が無く、騎馬という兵種がら戦闘機会も多く、高い守備を活かして終始壁役として大活躍していました。最序盤は斧しか使えなくなったので、命中率に不安はあったものの、経験値を重点的に与えていれば必然的に強くなるキャラなので、序盤から敵陣に飛び込み、斬り込み兼壁役として猛威を振るっていました。終盤においても魔導士の敵が増え、唯一欠点の魔防の低さがあるのですが、複数の魔導士を相手にしなければ、回避することも可能なので、とてもしぶといです。無双キャラの必須条件として、とにかく堅いです。能力値も全キャラ中最高の成長率で、ほぼカンストし、魔王の武器を使い切らせたり、瞬殺するなど格の違いを敵味方に見せつけます。

外伝からスピカもオリバーに好意を抱いたため、ナンナと2人から好意を抱かれるオリバーであったが、周囲からは気付かれているのに、オリバー本人は全く気付かないというほど恋愛事情に鈍感なキャラが定着しました。武器の手入れの他に、アンティークの時計を集める趣味も定着し、恋愛話を振ってもその話を振ります。ロマンチストであるため、同じくロマンチストのスピカと一緒に流れ星を見たり、親友のヴェイク就職か、オリバーの結婚どちらが早いか競争と夢を語っています。
シナリオでもとても強い実力者と認められており、ロリディア騎士団にスカウトされるものの、街の自衛団が自分に向いていると辞退し続け、前大戦での功績により隊長格に昇格される程度に留まっています。


スピカ マージ→シーアルジスト LV20 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_44_13
外伝でオリバーに海賊から救出されたのを切欠に、オリバーの事が好きになるスピカ。その想いをポエムに書いたり、夜中に星を見続け願い事をするなど、女の子らしい一面を見せてくれます。オリバーへの想いは、ナンナほど積極的ではないのですが、二人静かに流れ星を見たり、話に花を咲かせるので、スピカにもチャンスがあるかもしれません。
その誰にも見せられない想いをつづった恥ずかしいポエムは、逆路線のロンドリアでは当然誰かに読まれる災難があり、同じくエルンシス王国に仕えるシエルに読まれて発狂して赤面します。

キャラ性能に関しては、前作、外伝同様、お世辞にも高いわけでも無く、魔力が上がりにくいので、非力な印象です。クラスチェンジしたら杖が使えるようになるので、回復役として援護に回ることがほとんどでした。光魔法の使い手がスタメンで少なかったので、光魔法で威力の高い武器はほぼスピカが使っていましたが、それでも戦闘力は並です。


フラム ランスナイト→パラディン LV20 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_45_24
オリバーと並ぶ序盤から終盤までかけての双璧。シナリオでも実質牽引役の真面目なフラムは、外伝でも出番が多かっただけに、ロンドリア2では1章から参戦するという優遇っぷり。騎馬という兵種がら、オリバーと共に最初から最後まで大活躍していました。真面目なフラムらしく、平均的な成長で、力と守備がちょっと控えめで、技と速さがオリバーよりも優れている成長率。それでも他より強いので、オリバーとは別動隊を牽引していたことが多かったです。実直な能力値は着実に磨きがかかり、終盤でも単独で1ヶ所を任せられるほどの無双ぶりを発揮。強敵がいるMAPでも、オリバーと共に突撃すれば、敵将を容易く撃破するなど猛者ぶりを発揮しています。

相棒の緑であるケビンは、前作最強格のキャラでしたが、今作では紋章のアベルのオマージュらしく、中盤までお留守番していたため、今回のプレイではコンビを組むことが少なかったです。新兵のイレーヌとも支援会話があり、シナリオでは王子に振り回される可哀想な役回りが多いのですが、普段は騎士団長として勤勉で気難しい一面が多く、イレーヌやケビンが軽く冗談を言っても通じない堅物ぶりが普段のフラムのようです。事務作業も一人で受け持ち、デスクにて眠ってしまうことも多く、いつも軽いケビンに陰ながらお茶の差し入れを貰ったり毛布をかけてもらったりとフォローされる一面も見せています。ロンドリアでは珍しく真面目なキャラなのが新鮮です。
でも深酒で酔いつぶれて二日酔いで寝坊という失態をするのもフラムなのですが(*_*;


レイン アーチャー→スナイパー LV20 評価А
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_45_10
とにかく今作最強の弓兵。力の伸びが非常によく、高い弓の性能もあってか、ちょっと育つだけで序盤から重宝するキャラでした。弓の射程が3の武器の入手も多いため、敵からまず反撃を受けることはありません。狙った敵は確実に仕留める確殺ぶりを終始こなしてくれるまさにスナイパーでした。守備力の成長率も悪くないため、敵の陣地にロングボウで先制攻撃し、狙撃したあと、敵のターンで耐え切る弓兵らしからぬ荒業も披露。紋章のライアンの力強さと、FEHのゴードンの固さを併せ持った凄い出来る子になっています。

前作では思春期の男の子らしく、ロンド王子からエロ本を貰ってから密かに興味を抱く程度だったのですが、外伝からはどっぷりエロ知識を詰め込んだキャラに成長。受け専で男キャラへの純粋な憧れも歪み始め、モンスターに関しては見ただけで発情する特殊性癖な濃い子になっています。エロ本を自前で大量に買い込む趣味が出来、同じくエロキャラのコッドに拾われて、それを憧れの女性であるシエルに見られる大失態し、エロ本の内容と空気を読まれるという恥ずかしい目に遭う始末。でも憧れの存在であるシエルは大人であり、物静かで一人質素に過ごすのが好きな性格なので、色々と救われています。


シエル スナイパー LV20 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_45_00
ルートの選択肢により仲間になるキャラ。レインから憧れの存在と告げられ、ついでに『その弓で僕を好きにして』と受け専を暴露されて仲間になります。仲間になった当初から既に上級職であり、即戦力として1軍で使うことが出来ます。支援相手にレインやスピカもいるのですが、周囲3マス以内に味方がいないと命中率がアップするという孤高なスキルをもっており、先手が取れる弓兵にとってありがたいスキルを持っています。攻撃力が低くとも、相手に守備を貫通出来るムーンライトの技も習得するため、火力不足に陥ることもありません。

レインの憧れということもあり、後半での登場開始から、レインとの交流が始まるシエル。人の群れを嫌うため、物静かであり、ふざけたキャラが多いロンドリアの中でも良識派であり、取り乱すこともほとんどなく、そういう場面になっても唖然とするだけです。レインもそんな大人の女性相手に、思春期の男の子らしくたどたどしくごく普通の質問をしており、シエルも普通に返答するという余裕さを見せてくれます。
お茶目な一面もあり、スピカのポエムを覗いて読み上げてからかったり、お姉さんらしいちょっとしたいじわるな面も見せています。エルンシス王国に仕える四鋭騎士の一人なのですが、トラブルメーカーのティーナ王女の邪悪さが苦手らしく、外伝では留守番役を買って出て同行を避け、スピカに任せていました。1人になるのが好きなようですが、煙を撒くほどでもなく、親しい人には穏やかなようです。
ちなみに公式ホームページの人気投票において、前作1位のスピカを抜き、1位になっています。


マロン プリースト→アークビショップ LV20 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_45_39
出来る回復役。治癒効果を増幅させるスキルがあるため、魔力が低くとも、回復量が多いです。1章で仲間になり、最後まで回復役として活躍するため、杖使いとして優秀であり、ワープの杖やレスキューの杖などの便利な杖も使い放題です。
前作と外伝に登場したメディの代わりに登場したようなロリっ子キャラですが、前作よりも杖の経験値が多くなったため、中盤あたりでクラスチェンジが出来るようになりました。

ロリっ子なので、当然の如くロンド王子の毒牙が向けられるのですが、医者志望であるため、何事でも注射を持ち出し、ロンド王子の頭を注射で治すといって、逆にロンド王子が逃げ出す始末。結構手強い子のようです。同じくロリっ子のナルドーラのキュレとも仲良くなり、ナルドーラも治す医者になることを志し、幼いながらもしっかりした子です。


ラフィーカ ダンサー LV20 評価А
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_46_04
ダンサー。再行動。それが全てです。踊りにより仲間を再行動させるだけで非常に強力な支援です。自分で戦うよりオリバーが2回戦った方が強く、戦闘開始からすぐにオリバーを敵陣に飛び込ませ無双させるのもラフィーカの役目。弱いキャラに経験値を積ませるために踊りで戦闘機会を増やし、負傷した味方が多ければ、回復役を再行動させ回復の手を増やすのも自在です。全く同じ運用をした前作のグリッサは、今作ではボーナス屋のマスターになっているため、代役がラフィーカになっています。前作のグリッサの移動力12程ではありませんが、移動のカードはやっぱりラフィーカに与えるのが便利です。

王女でありながら人前で肌を露出するのが好きらしく、リアから露出狂とからかわれたり、部下のジェラールに嘆かれたりするのですが、本人は好きでやってるのと反論します。


キュレ ナルドーラ LV20 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_45_52
中盤から後半に差し掛かるころの加入なのですが、神竜石が非常に強力なこともあり、即戦力です。しかも育てると驚異的な成長率ですぐにカンストする勢いで成長。守備魔防も高く、オリバーフラム同様無双も可能で、終盤のロンド王子のように単独で敵魔導士も含めた敵をなぎ倒すことも可能です。まさにチートと言った具合の性能です。竜石は高いのですが、ナルドーラはキュレしかいないので、敵からドロップする分で足ります。

イベント面に関しては、相変わらずロンド王子の性癖に当てはまっており、暴走するロンド王子はフラムやリアに阻止されるというコントが始まります。同じくロリっ子のマロンと仲良くなり、だいぶ長生きしているようですが、成長は遅いので、精神年齢が同じくらいの人間の女の子の友達が出来たことを喜んでいます。


アシュリー ダークマージ→ウォーロック LV20 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_46_42
正直あんまり強くないのですが、闇魔法の使い手が少ないため、強力な闇魔法を独占することが出来るため、武器には困りません。序盤からこつこつ育てていれば、終盤で闇魔法最強のラストイプリクスが使える為、それだけ使って敵を倒し続けるという豪華な戦いぶりも可能です。とにかく闇魔法は余るので、序盤から強力な闇魔法を使い続けたほうが、低い魔力も補えて戦力になるでしょう。クラスチェンジすると杖が使え、回復役にもなれます。

今作初登場にして、前作では使えなかった闇魔法の使い手ということもあり、変わったキャラであり、ツイッターでも可愛らしいジト目の容姿で人気があるようです。


メテオ ジェネラル LV20 評価А
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_47_03
顔からして強いです。金髪で黒騎士で正体バレバレの仮面で弱いわけがありません。黒騎士カミュと漆黒の騎士が混ざったような性能で、ジェネラルなのに速さが低いということも無い万能型であり、叩き上げに匹敵する成長率の即戦力です。
スキルに関しては守備陣形を持っており、FEifのエルフィやブノワ同様無敵の人間要塞と化しています。更にダメージを半減するというラスボスが持っていそうな騎士の誇りというスキルを習得し、やっつけ負けになることも無く、防御面に特化した性能です。敵を確殺したい時は、2回攻撃可能なブレイブ系の武器で攻撃すればいいので、性能に隙がありません。唯一弱点の幸運の低さに関しては、必殺無効の地のクリスタルで補強すれば穴を埋めることが出来ます。さらに自然治癒が出来る水のクリスタルがあれば、やられることが無い移動要塞と化します。敵味方追撃が出来ないという特性と活かし、攻撃力が高まる後半において手加減がしやすく、成長が遅れているキャラにとどめを刺しやすくするという器用ぶりも見せてくれます。この移動要塞が、狭い路地を封鎖し、敵の大軍をせき止める状況は圧巻です。

イベント面においてもかなり優遇されており、コテコテなほどカッコいい場面が用意され続け、仲間の窮地になると現れるという演出をわざわざ2回も用意されるという優遇ぶり。リアに一気にギャグに落とされるというお約束にも無言でスルーします。とにかく無口に徹しており、想いを寄せられるティーナ王女から熱い接吻を返されても、顔色一つ変えずに『すまぬ』との一言。ユリアス王子には仕官をすすめられるほどの武人であり、正体もバレバレであることから当然受け入れます。仮面はかなり密着しており、無理やり剥がそうとしても、顔の皮膚が伸びるほど剥がれません。


クリスティ ソーサラー LV20 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_42_37
最後に仲間になる主人公リアの師匠。前作ではリア棄権時の穴を埋めるように仲間になる即戦力でしたが、今作ではお助けキャラのような扱いです。村を訪問すると仲間になり、ロンドが訪問してもそれに合わせたセリフが用意されています。リア専用の魔法ミラクルブレイズを持っており、かなり終盤でようやくリアが最大の能力を発揮できるようになります。クリスティの性能自身は、既は出番も終盤ということもあってか、完成された能力値で、スーパーワープの杖やレスキューの杖といった豪華な杖を使ってアシストも可能です。
しかし、高レベルでの加入なため、伸びしろは少ないため、やはり叩き上げには劣ります。魔法キャラが育っていないときの即戦力として使うのがいいでしょう。

今作ではゲスト扱いと思いきや、終盤で登場し、高名な魔導師に列席して、魔族を魔界に封印するという大役を担っています。リアもクリスティがそこまでの魔導師と知らずに過ごしていたらしく、クリスティ本人も自分の名声が実は高いことに気にしていないようです。他の魔導師もただ研究だけ出来ればいいような曲者揃いらしく、自分も研究者として過ごすのが本意のようです。
冒頭の魔道実験の事故で家が焼けましたが、最後は魔族を封印した報酬で新築の家を無事貰えたようです。めでたしめでたし。


2軍落ちスタメン
途中まで使っていましたが、出撃枠が圧迫し、惜しくも2軍に落ちたキャラたちです。

ケビン パラディン LV5 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_47_18
中盤で仲間になるフラムの相棒。はじめから上級職であり、即戦力として登場。前作では最強キャラの1人でしたが、今作は登場機会が遅いので、どうしてもたたき上げのフラムとオリバーに差がついた状態での参戦でした。育てればきっと二人に追いつく性能だったでしょう。実際後半使っていた時期も短くはなく、前衛として使えるほどの能力値は備えていました。途中参戦でのケビンは、火力と命中率不足がネックでした。弱くはないと思います。

イベント面に関してはフラムを陰ながらフォローする器用な面があり、フラムからも性格はくだけているが仕事は早くて出来る奴と認められている様子。しかし、外伝でもその描写がありましたが、陰で仕事の合間に部下に競馬場へ誘い賭け事で遊んでいることがフラムにバレ、激怒されるというヘマも見せています。前作でもデルタストーム三姉妹の長女ティアレットをナンパする一面がありましたが、今回のプレイではティアレットを仲間にしていないので、別の機会に見ようと思います。


ミルナ ロッドナイト→ワルキューレ LV1 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_47_35
回復騎馬という便利な兵種で登場する新キャラ。出オチの勇者アグレスの妹であり、結構序盤で仲間になります。途中まで使っていたのですが、出撃枠が圧迫し、支援会話が見たいがために、ベンチ入りさせていました。それでもたまに出撃させ、クラスチェンジをギリギリさせました。クラスチェンジすると理魔法も使える為、使えば凄い便利な子になり、評価も上がったと思います。FEHでも魔騎馬のラインハルトやセシリアさんは非常に重宝しますからね。


フィオラ ビーストテイマー LV11 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_48_14
前作最強の飛行キャラであったフィオラでしたが、今作では出撃枠が圧迫し、中盤まで細々と使っていたのですが、やはり火力不足が否めずベンチ入りになりました。このキャラも使えば強いと思います。今回のルートでは長女のティアレットが仲間にならなかったのですが、三姉妹が揃えばデルタストームが使えるので、仮に成長率が低くとも、強かったと思います。

相変わらず臆病で、戦いが嫌だから真っ先に逃げて、リアたちと合流するという形で仲間になります。次女キーラを置き去りにして。


イレーヌ ランサー LV12 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_48_07
正直弱いです。新キャラであり、フラムとの支援会話を見た後はすぐにベンチ入りしました。それまでは3章からいたので、参戦機会は長かったです。ランサーという兵種がら、あまりにも特徴が無く、能力値も平均的であることから華が無く、速さも低いことから追撃を行えず、使いづらかったです。成長しても強いかどうかはわかりません。ツイッターでは育てば強いというツイートを見たことがあります。

新兵ですが、年齢はフラムと同じくらいらしく、騎士団長のフラムにもタメ口で話、馴れ馴れしく接するところを、生真面目なフラムに注意される一面があります。それでも余裕を見せる態度で、設定では新兵でありながら槍の達人だそうです。


ユリアス ランサー→セイントランサー LV5 評価
ロンドリア物語2 2017_06_26 16_47_12
はっきり言って弱いです。みんな育つロンドリアで初めて素で弱いと思ったキャラです。しかもクラスチェンジまでさせて育てているにも関わらず、あまりにも低い初期値は、クラスチェンジしても下級職ランサーであるイレーヌとほぼ差がないほどです。
成長率自体は悪くないのですが、やはり初期値の低さはネックであり、後半加入で敵が強い事もあり、育てても戦力差が埋まらず足手まといでした。

始め登場した時は、切れのある目のイケメンで、優秀な父親であったデスティオン王の意志を継いだ勇猛果敢な素振りを見せつけ、魔王軍の傘下に入ることを拒み続けましたが、ロンド王子が魔族封印に必要なロリティオンを折られたことを聞くと、急に『NOOOOO!』と馬鹿テンションで発狂して、小物全開の言い訳を惜しみなく連呼するというギャグっぷりを周囲に見せつけます。
常に優秀な父デスティオン王を意識しており、防衛線MAPにて、父が作った要塞だから陥落することはない、多分と頼りない言葉を口にする有様。イベントでも、運動神経皆無であることを披露し、何もないところで転ぶことが多いです。

ユリアスを仲間にすると拠点にて色当てミニゲームが出来るようになり、BPを稼げるようになるのですが、その時だけはダンスが出来るようです。投げられた物をキャッチ出来ないほどの運動神経ですが、ダンスは別なようです。


以上でプレイを共にしたスタメン紹介は終了です。
基本的にロンドリアは使えばみんな育つので、イラナイツがいないゲームです。
前作のロンドリア1も面白いですが、今作のロンドリア2は何から何までバージョンアップし、作り込みが洗練されより面白くなっているので、興味がある方は無料同人投稿サイトふりーむにてDLしてみてください。公式ホームページからもDL出来ます。