FC2ブログ

戦闘SLGプレイ日記

最近はSRPGstudio製のフリーゲームが主。キャラクターの絵も描いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Silvania Saga プレイレポート 1章~10章 

製作者キュウブ氏製作のSRPGstudio製のSRPGのプレイ日記です。

このゲームは、SRPGstudioで作られたゲームの中でも、今となっては初期に作られた長編シナリオのゲームです。他のゲームの基本ともいえる仕上がりになっています。難易度は簡単で、毎ターンセーブ可能であり、キャラが死ぬことも無く、次の章では復活する仕様になっています。
このゲームには特有のシステムもあり、増援が出現する拠点に待機すると、拠点を破壊することで増援を止められるというもの。また規定のターン以内に拠点を破壊すると、経験値100と資金が得られるため、難易度は簡単でも、一定のやり込み要素で、高難易度プレイヤーも楽しめる要素が備わっています。
他にも、シナリオを進めるにあたって、ギミックがいくつかあり、敵がワープの杖を使ってくるなど、システムチックな戦術を使ってきます。成長の遅れているキャラを補強するドーピングアイテムもあり、レベル差があっても戦える親切仕様。LV上限は30であり、クラスチェンジしてもそのままのLVなので、他のゲームのように実質LV38回分の伸びしろはありません。即戦力の老騎士モートレッド以外、全てのキャラが育つのですが、成長率やスキルに極端な長所と短所があるキャラもおり、個性化されています。
Silvania Saga 2017_07_30 4_26_30
シナリオ面に関しては、主人公が敵の帝国軍と戦うという王道的なもの。今となっては王道的なシナリオは珍しいものとなっており、却って新鮮に感じるかと思います。敵軍の卑劣な描写も見どころであり、かなり敵陣営のシーンが多く出てきます。1回出演だけの敵将にも、見せ場が結構用意され、印象に残る中ボスが多いです。


拠点破壊目当てに、山を早期に越えるために、ワープの杖という手段もあるのですが、山賊アレックスによる山移動で越えて侵攻することも可能です。各章ごとに、こうしたギミックが施されており、こうした章の攻略を楽しむことが出来ます。
Silvania Saga 2017_07_30 4_26_37


他のSRPGでも定石化している騎馬キャラエース化育成。主人公レグルスの部下であるカイルは1章から参戦する騎馬で、移動力に優れ、平均的な成長率というまさによく見かける騎馬そのもの。高い移動力で拠点を抑えることも出来るので、間違いなく序盤のエースです。
Silvania Saga 2017_07_30 4_46_42
エースユニットは2人いた方が進行しやすいので、騎馬では無いですが、剣槍斧の三種類を装備出来る三すくみに強いソルジャーのフォックスを鍛えました。このゲームはとにかく守備さえ高ければ、必殺を受けようがやられないので、セーブロードを繰り返し、ガチガチに強化しました。因みに乱数が決まっている仕様なので、妥協もしやすいです(吟味プレイヤーには重要なことです。)


8章越えたあたりから出撃枠が圧迫するほど戦力が充実し、エース級のキャラはLV20近くなっています。このゲームは、他のゲームと異なり、LV20にならないとクラスチェンジ出来ません。LV20を越えてもLV1になることは無いので、いつクラスチェンジさせても伸びしろが減ることもありません。
とりあえず1章から共にしている騎馬のカイルと歩兵のフォックスは壁役としてまずやられることはありません。
Silvania Saga 2017_08_26 4_36_14
そして6章加入の飛行キャラのイーグレットは、欠点が幸運以外無いという強キャラ。飛行キャラにも関わらず、守備力が高く、必殺を受けたところでノーダメージであり、特攻である弓を受けても耐えきってしまう超人。専用アイテムである疾風の翼で移動力9にアップしているなど、とてつもなく強く、エースであったカイルも霞むくらい強いです。
そしてちょっと面白いキャラなのがシーフのメルク。シルバニアサーガの盗賊は、鍵が回数製になっているのですが、宝箱や扉を開けるだけで経験値が結構手に入るので気にせず使っていれば、簡単に育ちます。守備力の成長率が極端に低く、戦闘に不向きな能力値ですが、移動力が5%の確率で上昇するという特殊なキャラであり、騎馬より高い移動力は時に役に立ちます。


上級職にクラスチェンジしたイーグレットの猛威は留まることを知らず、敵陣に弓兵がいようがお構いなしに単騎掛けをし突撃しては、味方のターンになる頃には草木一本生えていない状態まで敵を壊滅させる有様。それを騎馬では無く、山や川も自在に飛び越えられる飛行兵でやるのだから手に負えません。
敵陣に飛行特攻のシューターが配備されようがお構いなしに特攻し、正面から強襲するイーグレット。
Silvania Saga 2017_08_27 4_39_12
しかもしっかりシューターを破壊したあと余裕綽々と生還するイーグレットはもはやロンドリアのオリバーどころではありません。せっかくのギミックを度外視するほどの荒業をこなしてしまい、チート並の強さを発揮しています。


10章越えたあたりでは、主力の4人が上級職にクラスチェンジ。ランスナイトであったカイルはパラディンになり、剣槍斧の三種が使えるオールラウンダーに。ソルジャーのフォックスもマスターナイトにクラスチェンジし、移動力が強化。
Silvania Saga 2017_08_27 22_51_36
イーグレットはいつカンストしてもおかしくない超人ぶりで魔防も高いので止めようがありません。そして8章あたりで新加入したランスナイトのパトロス。カイル同様の騎馬キャラなので、出撃枠の圧迫を押しのけ使ったのですが、この子はランスナイトなのに魔力と魔防も高く、カイル以上の戦闘力を誇り、全く弱点が無い完全万能型のエースになりました。
仲間は10章にしてだいぶ揃っているのですが、まだまだ仲間になるキャラが残っているので、この先も出撃枠争奪戦が起きるかもしれません。ちなみに主人公のレグルスやヒロインのスピカは、エース級が討ち漏らしたおこぼれを撃破して、地道に経験値を稼いでいる状態であり、LVにだいぶ格差が起きています。このゲームの敵は弱いので、レベルの差があっても問題無いでしょう。レグルス君は真面目な子ですが、どうも性能がお荷物系ロードな感が否めないです。ヒロインのスピカの方は攻撃特化の勝気な女の子です。騎馬至上主義なのは、SRPGでは仕方のない事ですね。はやく拠点抑えたいですし。歩兵だって使えば強いと思います。


結構長編なゲームなので、とりあえず10章クリアしたところまで書き残しておきます。フリーゲームが続出してきているので、自分に合ったものを色々試しにプレイして、長編ならじっくりプレイするのもいいでしょう。
興味のある方は例のごとく無料同人投稿サイトふりーむにてDLしてみてください。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。