FC2ブログ

戦闘SLGプレイ日記

最近はSRPGstudio製のフリーゲームが主。キャラクターの絵も描いてます。

ランタイム・サーガ プレイ日記 1~3章外伝 敏腕老騎士ジーガン 

製作者ちゃぼすけ氏のSRPGstudio製のランタイム・サーガのプレイ日記です。

まだ全クリアしていないのですが、とてもゲームバランスがよく、面白い作品なので、話題が熱いうちに書き残しておきます。全40章と大変長い長編なので、気長にプレイしていきます。

とりあえず難易度ベテランモードで3章外伝までプレイしたのですが、そのゲームバランスが整っているだけに、自然とプレイの手が伸びてしまいます。このゲームは、牽引役のジーガン以外、守備が低く安易に単騎掛けによる無双は出来ません。敵を1体倒すのに数人がかりでやっとのバランスなので、かなり手ごたえがあります。
ランタイム・サーガ 2017_09_22 23_07_09
ジーガンだけは牽引役だけにとても強いのですが、このジーガン、手加減が非常に上手なので、鉄の剣や短剣で、新兵には手強い雑魚敵やボスキャラを瀕死まで削ってくれる敏腕ぶりを見せてくれます。各ユニットごとに個人スキルがあるのですが、ジーガンは再移動のスキルを持っているので、移動力の低いキャラは、敵に狙われそうなキャラを担いで離脱するという、トラキア776の序盤のフィンみたいな働きぶりをしてくれます。
ジェイガンポジションでここまで優秀な牽引役は、近年のSRPGには、中々いないのではないでしょうか? というか序盤はジーガンがいないと速やかに敵を倒すことは出来ません。キャラの守備が低いというだけでSRPGは格段に難しくなります。


即戦力のジーガンを削りに使って速やかに敵を倒すには理由があります。このゲームには、戦術点というものがあり、ターン制限内にミッションをクリアすると、戦術点が得られる仕様になっています。1章は16ターン以内にクリアするのが目的なのですが、ジーガンの削りを使って敵を倒すのがやっとであり、クリアターンもぎりぎりのバランスでした。戦術点は多くなればなるほど、敵の増援が増えたり、事前報告なしの増援が出現するという仕様なので、貯めれば難しくなるのですが、せっかくのベテランモードでのプレイなので貯めていきましょう。ちなみにゲーム中でもジーガンが説明してくれるのですが、難しいと思ったら貯めることなく、また溜まった戦術点は、景品と交換して減らすことも出来るので、任意で難易度を下げることも出来る仕様となっています。
ランタイム・サーガ 2017_09_22 23_07_37
とりあえず、店で売られている格安の武器を買うのは、もはやどのSRPGでも基本なので、買い込みました。序盤ジーガンが圧倒的に強いのは当然ですが、いつまでも老兵1人に頼るわけにもいかないので、ここはいつも通り騎馬キャラのリチャードをエースキャラに育てていきます。他のSRPGのオリバーやトロイやカイルと比べると、いかにも新兵といった能力値で頼りないですが、1章からいるというのは大いなる強みなので、地道に育てていきます。
とにかく敵は守備の低い新兵たちには強く、迂闊に前衛に出すと、すぐに大ダメージを受け、2撃で死んでしまうので、ここはジーガンを常に前に立たせ、削った後、そのおこぼれを主人公ナッシュやリチャードで倒していきました。ここのボスの砦まで到着するころには、ターン制限が迫ってきていたので、ジーガンの白銀の槍で削り、とどめはリチャードで刺しました。本当にいい牽引役ぶりです。


ジーガンで敵のHPを削りながら、新兵に経験値を稼ぎながらすすみ、クリアターン16。戦術点ノルマのぎりぎりでした。いいゲームバランスで、製作者はよくテストプレイをしたんだろうと思います。
ランタイム・サーガ 2017_09_22 23_59_10


このゲームの主人公はSRPGstudioのサンプルゲームに登場するナッシュが務めています。しかし、新設定が盛り込まれているので、ただの名前だけのキャラだったナッシュではなく、イラストも描き下ろされていることからもはやオリジナルキャラとなっています。
ランタイム・サーガ 2017_09_22 23_59_20
ナッシュ以外にも、弓兵のルーシーも登場。先の章にはサンプルゲームでヒロイン役を務めたヘレンもヒロインとして登場します。もう1人サンプルゲームで出てきたプリースト役のランバートも出てくるかもしれません。


2章出撃準備にて闘技場が行えます。ベテランモードでは3回までという制限があるので、やり込み過ぎず、却って助かります。
ランタイム・サーガ 2017_09_23 1_23_43
ここはエース候補のリチャードに闘技場3回闘わせ、経験値と資金300Gを得ました。


このMAPは南西で孤立しているヒロインのヘレンを助けるのですが、戦術点ノルマで、13ターン以内に北東の村を訪問とあるので、先に全軍で北東の村へ向かいます。ジーガンでないと敵のHPを削る事さえままならないので、新たに仲間になった重装騎士のアルベルトも含め、ナッシュ、リチャード、ヘレンは、ジーガンに群がり半殺しになった敵を掃除していきます。ちなみに重装騎士のアルベルトは守備7で他よりは堅いのですが、速さ1で再攻撃も受け、過信するほど硬くないので、ジーガンが勢い余って倒してしまうHPの低い弓兵や盗賊を削ってもらいました。
ヘレンの方は、女斧使いのソフィアがおり、河と森で守られた地形と、隣接したキャラの回避10%上昇のスキルがあるので、まずやられることなく敵を足止め出来るので問題ありません。
ランタイム・サーガ 2017_09_23 2_11_46
北東の村をナッシュが訪問すると、バックパックと呼ばれる商人からドーピングアイテムと良い回復薬とセットで1000Gで買えます。ドーピングアイテムは希少価値も高く、売っても1500Gなので、結果的には得しかしません。
13ターン以内に村を訪問すれば、ターンを気にして急ぐ必要が無くなったので、ここはジーガンの再移動でナッシュを救出して離脱。制限ターンが無くなった状態で、リチャードをじっくり育てていきます。
本当にジーガンいい仕事してくれます。ジーガンに先の1章で手に入れた短剣を使わせれば、村周辺にいる剣士を瀕死にまで手加減出来るので、非常に楽です。逆にジーガンがいないと再攻撃で瞬殺されます。


穴から増援が出てくるので、速やかにヘレンとソフィアと合流するために、もうしばらくジーガンの短剣で敵を削っていきます。敵増援の中ボスもジーガンで削り、リチャードで速やかに撃破。増援の盗賊は弱いので、それ以降はターンをじっくりかけ、リチャードで倒していきます。ちなみにこのゲームのベテランモードでは、5ターンセーブが出来るので、それを活かして成長を吟味することが出来ます。乱数が決まっているので、リセットの諦めはつきやすいでしょう。
ランタイム・サーガ 2017_09_23 3_24_24
村周辺で動かない残りの敵をリチャードで全て倒し、ゲームクリア。リチャードはLV9になり、低かった守備も8になり、固さだけならジーガン並になりました。これで壁役にはなれるでしょう。騎馬で壁役は、要所も先に抑えやすくて便利ですからね。


3章では20ターン以内にクリアするのが戦術点ノルマなので、北の村訪問もあり、部隊を2手に分ける必要があります。南のほうに敵がたくさんいるので、削りの達人ジーガンと回復役のヘレン、鍛えたいリチャード、左下端の村に行きたがっている弓兵のルーシーの4人を南から湖を迂回させました。
北のルートには新たに仲間になった飛行キャラのローラと、重装騎士のアルベルト、ナッシュと女斧ソフィアで進攻します。ジーガン無しでの戦闘で、敵1体相手に森の地形を活かしつつ、束で挑むことになりますが、5ターンあたりで村から、回復の杖が使えるサイモンが出てくるので、回復は出来るようになります。
しかしこの賢者サイモン、魔法も使え、とても強いのですが、あまりに強すぎて再攻撃で容赦なく敵を葬ってしまい、短剣ジーガンのように削りに全く向いていません。これだとナッシュや折角の飛行兵のローラが育たないので、ここは回復に徹しました。ここでもかなり苦戦し、クリアも戦術点ノルマ20ターンぎりぎりでした。
ランタイム・サーガ 2017_09_23 5_47_05
ちなみに南のルートはジーガンの短剣による削りと再行動、ヘレンの10%回避上昇支援のおかげで円滑にすすみ、強敵ツタと敵将もジーガンでいともたやすく削れたので、リチャードとルーシーもレベルアップしました。
お店ではヘレンの素振り用に回復の杖を買い込みました。中央の離れ小島で金塊も取れますし、資金に問題は無いでしょう。
ジーガン無しでの北ルートの戦いでは、増援のツタ1体に大苦戦を強いられていたので、ジーガンの偉大さを再び実感しました。


しかし、3章クリア後、まさかの外伝登場。3章外伝には、いずれベンチ入りにするつもりで全く育てていなかった重装騎士のアルベルトと女斧使いソフィアの2人しかおらず、しかも敵に囲まれ、ボスも含め9ターン以内に敵全滅が戦術点のノルマとなっている窮地に追い込まれました。
ランタイム・サーガ 2017_09_23 6_45_32
ソフィアが経験値を得たであろう2章での敵は、ターンをじっくりかけてリチャードで撃破していたのが仇となりました。はじめからやり直そうと思いましたが、ここは最後の手段ビギナーズラックを信じて、乱数調整で勝利に導くという完全に運頼みの攻略を行います。他に出来る手段としては、前の章の店で売っている鉄の斧より命中率5%高いライトアクスを買ったのみです。


大して乱数調整することもなく奇跡が起き、初期レベルの闘士ソフィアが命中率40%前後の鋼鉄の斧を敵剣士相手にも命中を連発させ、5ターンセーブが出来る頃には、敵残り3人という奇跡の結果が起きました。アルベルトも前の章でのツタ相手に実質逆チクの空振りで経験値を得てレベルアップしていたのが功を為し、森に潜んだ敵に対し回避と命中50%台の攻撃を命中させ、奮闘しました。
ランタイム・サーガ 2017_09_23 7_54_28
最後に接近してくる敵将も、森の地形を利用し、わざと鋼鉄の斧を装備したソフィアが狙われるよう、アルベルトでソフィアに隣接する森を抑え、地形効果を得られない平地にて、敵将をソフィアの鋼鉄の斧による反撃を与えました。敵将は斧相手に強いアクスキラーを装備し、ソフィアは森の地形効果も相まって再攻撃を受けても1耐え切ることができるのですが、ここでまた1発分回避するという奇跡。最後の9ターンにてアルベルトのライトスピアも命中60%も命中し、とどめはソフィアの鉄の斧命中50%ダメージ10でのギリギリの勝利でした。
最後の5ターンから9ターンまでは、乱数調整によるものであり、元々当てやすい乱数でセーブ出来たのと、ライトアクスを前章で買い、武器の種類を増やすことで乱数調整の幅を広げられたことによる結果です。敵将アーネストを倒すのは流石に辛かったです。
出来る事ならSRPGでこのような運頼みの戦いはしたくないところです。とは言っても聖戦の系譜やエリーニュエスのスパルタ軍攪乱で散々乱数調整しましたが(´ー`)


ジーガンの活躍があまりにも印象的でしたので、3章外伝クリアの時点でブログに書き残しました。いずれ老兵ジーガンはシナリオが進むにつれ、ベンチ入りする日も来るでしょう。育てたリチャードがジーガンの代わりになる日も来るといいですね。
あとキャラが限定出撃の外伝がいつ来るかわからないので、あり程度キャラはまんべんなく使っていきます_(:3」∠)_